創業52年の安心・信頼の実績!  福井,敦賀,小浜,電機,電装,ドコモショップ,車,カー用品,自動車電装

TEL:0770-23-1441
FAX:0770-23-1443

スタッフブログ

スタッフブログ

2021-01-15 16:43:03
「ふるさとジョブフェアinふくい嶺南」に参加します

令和3年3月13日(土)に開催される合同企業説明会に参加します。
12:00から17:00、きらめきみなと館で開催されますので、ぜひご参加ください。

コロナ禍の影響で2部構成となっています。弊社は第2部

■主催 大学生等企業説明会実行委員会
■日時 令和3年3月13日(土) 12:00〜17:00
■場所 きらめきみなと館 イベントホール(敦賀市桜町1−1)

 

今回Webでも参加できます。
 交通費補助もあります 
参考URL: https://f-careernavi.com/support/
敦賀市HP参考URL: https://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_division/sangyoukeizai_bu/syokoboeki_ka/jobfair.html

 
2021-01-15 16:24:24


参照 https://www.baitoru.com/pdt/fukuiken/201005/index01.html

2021年2月16日 オンライン移住ツアー に参加します 詳しくは↑ここgood
2021-01-12 14:07:19
FileMaker Proを付けって REST APIで住所検索の最終

取得した住所データからGogleMapを開く

FileMakerでは地図を使う標準機能がいくつかありますが
今のところ、その機能を使う必要性がないので、単純にブラウザから
GoogleMapを開く ことをします。

やってみると意外に簡単で スクリプトで開くように作れました。

スクリプトステップ
 その他→URLを開く
歯車マークをクリック URLを開くオプションで指定をクリック

GoogleMapで開く場所を指定
-------------------------------------------------------------------
"http://local.google.com/maps?q=" &
の後にREST APIで住所検索 その2で取得した住所データを&で繋げて指定

データを収納場所::都道府県 & データを収納場所::市町村 & データを収納場所::番地
-------------------------------------------------------------------
これで準備完了 これをボタンに関連付けて完成です。good

今回で一旦終了ですが、次また新しいことがありましたらご紹介したいと思います。


弊社の場合これで、通勤経路から距離を算定するのに利用しています。
2021-01-06 16:23:47

2020年 は大変な年でした

2021年 当社は 創業55年目を迎えます。fuji

遅ればせながら 本年もよろしくお願いします。happy01

地域の皆様に愛されるお店になれるよう邁進してまいります。

5G という通信規格が利用開始されましたが、今年は利用エリカ拡大の年
また、携帯電話料金が大幅に変更の年でもありますね。

2021年 どのような変化がありますでしょうか。
 良い年でありますように
2020-12-26 14:41:32
前回の投稿からチョット時間が過ぎました。
インターネットからの情報をFilmaker Proに取り込んで利用する

郵便番号から住所を検索する をチェレンジ その後
前回
 Zipcloud のサイトを利用 http://zipcloud.ibsnet.co.jp/doc/api
からJSON形式データを取得できた ところで終わっていました。
914-0046 ← 本社の住所検索から

-------------------------------------------------------------------
{
"message": null,
"results": [
{
"address1": "福井県",
"address2": "敦賀市",
"address3": "長沢",
"kana1": "フクイケン",
"kana2": "ツルガシ",
"kana3": "ナガソ",
"prefcode": "18",
"zipcode": "9140046"
}
],
"status": 200
}
-------------------------------------------------------------------
今回はここから 県名と市町村データを抜き取る
  結果から、結構簡単でした、JSON形式データを利用するための
  関数が用意されていて、"results": (リザルツと読む)から
 取得したデータ項目を指定するという感じでデータを抜き出せました。

具体的に
-------------------------------------------------------------------
 フィールド指定[データを収納場所::都道府県;
JSONGetElement ( 
 上記のデータを格納した場所::json ; "results[].address1"
 )
-------------------------------------------------------------------
↑これで、県名が抜き出せます(今回は「福井県」)

残りの市町村データは & で繋げて  収納場所に設定するだけ
-------------------------------------------------------------------
 フィールド指定[データを収納場所::市町村;
JSONGetElement ( 
 上記のデータを格納した場所::json ; "results[].address2"
 ) & 
JSONGetElement ( 
 上記のデータを格納した場所::json ; "results[].address3"
 )
-------------------------------------------------------------------

分かってしまうと意外に簡単。 FileMaker をご利用の方お試しください。
便利ですよgood

次は、今回取得した住所データからGoogleMapを開いてみます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>

スタッフブログ